民事執行及び行政執行

 当所は民事及び行政訴訟特別グループを設立し、当事者に協力して、民事及び行政訴訟手続を通して争議を解決するほか、当事者は有利な民事及び行政裁判所の判決を取得してから執行にかける可能性があるから、当所は執行に携わる専門グループも設立して、当事者の権利を実現するよう民事及び行政執行手続をも協力できるようになっています。

財産の態様の多元化に伴って、当所の執行グループが裁判所の作業に合わせ差し押えたり、競売したりするものはもう伝統的かつ有形の対象に限らず、過去の実務上においてめったにないものまで及んでいます。例えばゴルフ場、航空機、船舶、銀行の預金証書及び株権、ひいては特許権、商標権等はいずれも当所が処理した執行対象です。このような対象の執行は実務上においてめったにないかつ形式も新しいため、裁判所の執行機関にとって、相当な挑戦性を有しています。当事者にとって、その執行成果は権利実現の可否に関わっているため、油断できない手続です。

前記した終局執行のほか、執行グループは訴訟前又は訴訟進行中の保全手続きの執行も取り扱い、当事者を代理して裁判所に仮差押、仮処分及び仮執行等の手続を申し立てることができます。このような保全案件の請求及び執行結果は後の終局判決の結果を実現し確定することを確保することもできます。