特許出願、管理

当事務所は、設立当初から特許出願及び権利維持の代理業務に携わってきました。国内出願に関する特許業務のほか、海外(中国、米国、ヨーロッパ、日本、韓国等数十か国)への出願及び権利の維持業務も行っています。中国市場の台頭に対応するため、当事務所は2003年10月に北京律盟知的財産権代理有限責任会社と提携関係を結び、大中華圏において質の高い特許サービスをご提供しています。

特許出願及び権利維持を主な業務とする当事務所の専門分野グループ(以下「当専門グループ」)は、発明の発掘、特許書類の作成、国際的な特許出願及び権利の維持、特許契約コンサルティング及び登録、無効審判の請求及び無効化手続、特許権の存続期間の延長、特許検索、特許分析、グローバル特許出願戦略に関するコンサルティング等の業務を取り扱っています。当事務所が代理した特許出願案件数は、長期にわたって国内一を誇っております。また、当事務所の特許クライアントには、世界的な多国籍企業が数多く含まれており、三十~四十年以上にわたって協力関係にあるクライアントもあります。

当専門グループは、弁理士・特許代理人、弁護士、特許技術者等により構成されており、米国弁理士又は米国弁護士の資格を有する者もおります。

また、専門者の9割以上は国内外の修士以上の学位を有しており、英語、日本語に精通しています。また、専門技術分野は、機械、工業設計、自動化設備、電機、オプトエレクトロニクス、通信、ネットワーク、半導体、ソフトウェア、化学、化学工学、医薬、生化学など多岐にわたっています。また、弁護士及び法律専門スタッフは十名以上おり、その多くが法律、科学技術、管理等の複数の専門的背景を有しています。

当専門グループのメンバーは、社会に貢献するため長年にわたって積極的に国内外の関連公共事務に協力しております。たとえば、特許法改正及び審査基準改正のための公聴会等への参画、国内外の特許及び知的財産権組織の活動への参加、国内外のセミナーへの出席と論文発表・講演、知的財産局での特許相談ボランティア、及び知的財産局に協力して法規翻訳を作成すること等が挙げられます。

特許出願サービスへのニーズが益々高まるなか、当事務所は特許翻訳サービスプラットフォームを構築し、質の高い翻訳サービスをご提供しております。翻訳サービスプラットフォームがカバーする翻訳プロセス及び品質管理は、当事務所の翻訳サービスの高い品質及び優れた費用対効果を実現するための最も重要な基礎となっています。

また、当事務所が独自に開発した科学技術用語データベースも当事務所の特許翻訳サービスの重要な特色の一つです。さらに、特許業務の処理を高効率化し、リスク管理を確実に実行するため、当事務所は独自の特許業務プロセス・コンピュータシステムを開発しました。このシステムは内部管理、主務官庁への出願及びクライアントの各種ニーズ(特殊なプロセス管理、電子決済等)をサポートします。

また、当事務所は、五十年にわたるリソースと経験の豊かな蓄積により、全世界の特許事務所を対象とした多くのアワードで、数年間連続して我が国における最優秀特許サービス事務所に選ばれています。さらに、当所専門グループのメンバーの中には、我が国における優秀特許専門人員として選ばれた者もおります。国際水準の専門的リソース、クライアントをはじめ外部からの高い評価、北京律盟知的財産権代理有限責任会社との提携関係、及び他国の特許事務所との長年にわたる相互協力の全てを備えた当所専門グループは、国際的な特許サービスにおける最高の選択であると自負しております。