特許検索、有効性及び侵害鑑定

本専門分野グループは、多数のパートナー、シニアカウンセル、百名余りの国内外弁護士、弁理士(アメリカ又は中国の弁理士資格を取った者を含む)、パラリーガル及びアシスタントからなり、そのうち、国内外の修士以上の学位を有する者は全体の8割以上を占めており、それぞれが英語、日本語に精通しています。専門分野は、機械、工業設計、自動化設備、電機、オプトエレクトロニクス、通信、ネットワーク、半導体、ソフトウェア技術、化学、化学工学、医薬、生化学等各科学技術、及び法律を網羅しており、法律及び科学技術、さらにはマネジメントといった複数の専攻を合わせ持った者も多数おります。

本専門分野グループが主に取扱う業務は、独立した特許検索、訴訟前における特許有効性鑑定及び特許侵害鑑定のほか、本専門分野グループが協力して行う特許訴訟から派生して生じた特許検索、特許有効性鑑定及び特許侵害鑑定等に及びます。本専門分野グループでは、上記業務の遂行により、個々の訴訟事件や紛争事件の強みや欠陥を理解し、高い勝訴率を収めております。また、業務の専門性及び効果を確保するため、本専門分野グループは、どのような属性の案件に対しても、各種専門知識を有するメンバーからなる特別作業チームを編制し、分担、協力して、専門的なトータルサービスをご提供しています。

本専門分野グループは、これまでの約20年間で、重要な国内特許権行使及び紛争事件を多数代理してきました。それらの事件における侵害証明や特許有効性の攻防に関する手法及び当所担当者が用いた事件処理のテクニック(例えば、方法の特許権侵害に対する挙証、法廷で技術問題について述べるテクニック、専門家意見の採用等)は、いずれも我が国の特許紛争実務において初めて使われた手法です。また、本専門分野グループは、国内の特許及び技術ノウハウの秘密保守に関する紛争を処理するほか、クライアントが中国その他の外国市場に進出する際に、現地で直面する特許権の行使及び営業秘密保護に関する紛争の処理も手がけています。当事務所は、海外の専門事務所との協力等により、この国際的なサービスにおいて効果的な統合機能を果たしており、各関連国での手続きに当たっては、クライアントのリソースの有効活用や統合を図り、当該国において、クライアントの正当な権益が最大限に保障されるよう努めています。