M&A-金融分野のM&A

過去数十年来、我が国の金融機関は過当競争の苦境に直面した上、各々の金融機関の規模が限定的で、金融機関の提供する商品及びサービス間の差別化が難しいため、結果、金融機関間の値引き競争を引き起こし、与信の品質にも影響を及ぼしました。地方金融機関では取り付け騒ぎが起こったり、経営不振により倒産し又は管財人による管理下に置かれた金融機関もありました。これを背景に、金融機関の買収・合併は重要な役割を果たし、金融機関は合併又は買収等の方式により市場占有率の拡大又は製品とサービスの多元化を図ることができます。当事務所の金融買収・合併サービスはクライアントに助言して、買収・合併案の法的側面に関するアレンジメントを行い、金融買収・合併案が直面する法律リスクを減少させるとともに、直面する法的問題を解決します。

当事務所は長期にわたって金融機関の買収・合併の立法と改正にも参加し、また、豊富な経験に基づいて、金融機関合併法、金融持株会社法等の重要な金融機関の買収・合併規範の立案と修正に対して意見を提出し、金融機関のため充実した法的環境を構築できるように政府に協力していきたいと思います。

金融買収・合併専門分野グループは、株式の買収、株式交換、政府許可の申請、タックスプランニング及びコンサルティング、金融機関合併、株式転換、労使関係の処理、金融買収・合併に関する紛争の処理、会社分割、買収・合併資金の調達(有価証券の発行)/融資、各種類の提携及び合弁のストラクチャーの策定、並びにその他の金融機関合併法、金融持株会社法及び金融関連法令に関するコンサルティングサービスを取り扱っております。近年、さらにプライベートエクイティ投資会社による国内銀行の買収・合併に助言しており、この新しい形態の金融買収・合併分野においてサービスを提供し、イノベーションを図っています。

当専門グループが提供する法律サービスの主な対象は外国及び国内銀行、投資銀行、証券会社、保険会社、投資信託・投資顧問会社及びその他の金融機関、並びに中央と地方における各級の政府機関を含んでいます。また、我々は他の国及び地区における法律事務所と密接な連携関係にあり、台湾の金融機関が世界各地及び中国で関連するビジネスを行う場合においても助言しています。

近年、当専門グループは、政府の台湾-中国間経済・貿易及び金融の交流を段階的に開放する政策に合わせ、積極的に、中国の金融機関による台湾での事務所又は支店の設立計画に助言すると同時に、国内の金融機関が中国で拠点を設立し中国で展開することに協力してきました。