通信・マスコミ

テレコム・メディア法は台湾において比較的新しい法律業務であり、台湾では、限られた一部の法律事務所がこの種の法規に関する業務を取り扱うことができる専門的な能力を有しています。当事務所は過去から積極的に台湾のテレコム及びメディア市場の自由化の発展に参加してきたため、関連市場における豊富な実務経験の蓄積があります。

当事務所のテレコム・メディア分野における業務範囲は非常に広く、この分野における管理制御面の業務から合併買収等の関連業務の処理まで行っています。当事務所はクライアントに、関連特別免許又は許可の申請と取得、関連法規の遵守及び企業経営への提案等についてサービスと助言を提供しています。また、テレコム・メディア市場における反トラスト、市場競争、公正取引、契約等の問題についても、当事務所は関連コンサルティングサービスを提供します。

台湾がより適切なテレコム・メディアの管理環境の構築を実現することは、当事務所のクライアントにとっても大きな利益となります。したがって、当事務所は、政策立案、法案の起草及び立法の推進を含む、テレコム及びメディアに関する法規の制定と改正に継続して参加し、当事務所のクライアントの意見とニーズを、適時に各関連機関に提言しています。

なお、当事務所は関連機関から委託を受けて、固定ネットワーク業務、3G移動通信業務、さらに通信委員会(Communication Commission)設立に関するフィージビリティー・スタディーなどのプロジェクト研究計画及び関連法規の修正案の作成といった業務を遂行したことがあります。

当事務所のクライアントは台湾において固定ネットワーク業務、移動通信業務(2G及び3Gを含む。)、無線多周波数帯サービス業務(WiMax)、第二種電気通信事業業務(例えば、インターネットサービスプロバイダー或はインターネット電話サービスプロバイダー)、海底ケーブル業務及び衛星業務に従事している主要な電気通信業務運営会社を含んでいます。ラジオ及びテレビ分野においても、当事務所はシステム業者、チャンネル業者及びDTH業者を代理しています。最近、当事務所は台湾遠傳電信を代理して中国移動通信との有名な提携合併買収案に携わりました。

今日のデジタル・コンバージェンス(Digital Convergence)時代において、当事務所はテレコム・メディアに関わる法律業務の開発に絶え間なく力を尽くしており、常に市場及び産業の発展を注視しています。

当事務所は台湾におけるテレコム・メディアに関する業務分野において指導的立場にあり、我々のこの分野における豊富な経験及び尽力により、当事務所は台湾のテレコム及びメディア産業において良好な評価を確立しています。当事務所が有するビジネス知識及び法律専門知識は、クライアントによる台湾におけるテレコム・メディア市場への進出及び経営に対し少なからず貢献できると信じています。