民事訴訟

国内外における事業活動及び取引形態が日増しに専門化、多元化、複雑化するにつれて、それに伴う法律紛争のタイプも伝統的な法律紛争と異なったものとなってきています。様々な紛争処理のニーズに対応するためには、法律紛争を解決する手段を変更・調整する必要があります。当事務所は、民事訴訟の特性及びそれが必要とする専門知識に基づき、民事訴訟手続を特に専門とする弁護士を特別に集めて、民事訴訟専門分野グループを設立しており、民事訴訟手続を通して各種類の係争を成功裏に解決できるようにクライアントに助言しています。

各種類の多様で且つ多元的なタイプの紛争に対応するために、民事訴訟専門分野グループに参加する弁護士は、民事訴訟案件の処理に関する豊富な経験だけでなく、紛争事件関連の各專門知識も有しており、その中でも数名の弁護士は、土木工事その他の科学技術又は会計士等の専門資格をも有しています。特別な専門知識が必要な案件については、民事訴訟専門分野グループは当事務所の他の専門分野グループと協力し、クライアントに最高のサービスを提供します。

民事訴訟専門分野グループが取り扱う紛争のタイプは、主に、会社の持分、経営権、会社の買収・合併、金融、知的財産権、労使関係、税務、不動産取引、動産担保取引、国際貿易、海事、航空、手形、製造物責任、消費関係、公平取引、政府契約や公共工事、環境保護、テレコム・メディア、娯楽運動、親族、相続、一般的な民事紛争等の各タイプの訴訟係争を含んでいます。

また、台湾-中国間の交流が日増しに密接になり、且つグローバル化が進展するにつれて、台湾-中国間及び国際的なビジネス取引は既に今日の企業活動の重点になっています。したがって、民事訴訟専門分野グループも台湾-中国間及び国際的な法律紛争の処理に注力しており、中国、米国ニューヨーク州、カリフォルニア州等の弁護士資格を有するメンバーを多数擁しています。当事務所は、台湾-中国間及び国際的な係争案件において、クライアントが最高の紛争処理結果を得られるよう、紛争処理戦略の立案に関し助言するとともに、国内外の事務所と協力して、国内外における関連の法律手続を共同で処理することができます。