訴訟・紛争解決

国内外のビジネス及び取引形態は日増しに専門化、多元化及び複雑化しており、これに伴って発生する法的紛争も従来のものと異なったものとなっています。そのため、法律紛争の解決方式は、様々な紛争解決のニーズに対応するために、変更及び調整することが不可欠です。当事務所の民事紛争解決専門分野グループは、紛争の発生後に、各種の調停、仲裁及び民事、行政訴訟等の手段を利用して、各紛争を解決することを目的とするだけでなく、当事務所の各法律専門分野における専門知識と経験を生かして、紛争の発生の予防及び回避のためクライアントに助言することをも目的としています。

各種の多様化しかつ多元化した紛争に対応し適切に処理するため、当事務所の民事紛争解決を取り扱う弁護士は、豊富な紛争解決経験を有しているのみならず、紛争事件に関する各種の專門知識及び技能を有しております。例えば、そのうち、数名の弁護士は土木技師又は会計士資格を兼ねて保有しています。民事紛争解決専門分野グループが取り扱う紛争の種類としては、会社株式、経営権、会社の買収・合併、労使関係、税務、不動産取引、動産担保取引、国際貿易、海事、航空、手形、製造物責任、消費関係、公正取引、政府契約及び公共工事、環境保護、テレコム・メディア、娯楽運動等の取引において発生した紛争が含まれています。

また、今日、グローバル化の加速に伴って、国際的なビジネス取引は確実に企業活動の重点になっています。そのため、民事紛争解決専門グループは国際的な法律紛争の処理にも注力し、数人の同僚は米国ニューヨーク州及びカリフォルニア州等の地域の弁護士資格を持っています。当専門グループは、国際的な紛争案件において、国内外のクライアントのため国際案件の紛争解決戦略を作成するとともに、国内外で各種の紛争解決手続を遂行しています。