台湾-中国間のリーガルサービスについて

当事務所は、中国におけるリーガルサービスを必要とするクライアントのニーズに応えるため、1990年から中国の弁護士事務所及び知的財産権機構と提携し、クライアントに台湾-中国間リーガルサービス/知的財産権サービスを提供してきました。当事務所は企業のグローバル戦略を熟知しており、専門能力は長きにわたりクライアントから絶大な信頼を得ています。これらのことから、当事務所が取り扱う中国に係る法務、知的財産権案件は日増しに増加しています。

 

中国の改革開放後、台湾企業及び外国企業は中国市場に進出し、中国で投資又は商業活動を行い、中国企業も台湾に投資をはじめ、台湾-中国間の経済貿易活動は日増しに活発になっています。当事務所は既に台湾-中国間において、多くのクライアントに実務的なリーガルサービスを提供しています。中国での法律サービスに対するクライアントのニーズは高まりつつあります。このニーズに対応するとともに、当事務所によるサービス提供によって、中国大陸に拠点を置く多国籍企業、台湾企業、及び中国のローカル企業のクライアントが最高の効果及び利益を得られるよう、中国の法律事務所及び知的財産権代理機構と提携して台湾-中国間法律サービス/知的財産権サービスを構築し、相互協力のもと、クライアントが求める専門的なサービスを提供しています。

 

知的財産権について、当事務所は、台湾で50年に渡る業務経験を有しているほか、20年以上前からクライアントの代理として、海外における知的財産権事務に携わってきました。当事務所はクライアントの中国でのニーズに対して、全方位的に対応しており、豊富な専門的リソースを蓄積しています。サービス効果の向上とコスト低減のために、当事務所は2003年10月、北京律盟知的財産権代理有限会社(「律盟」)と密接な戦略的提携関係を構築しました。この戦略的提携関係により、当事務所と律盟の双方でリソースを共有するとともに、互いに協力し、多国籍企業及びその他のクライアントに対し、知的財産権の権利保護の出願、管理、戦略立案、権利の行使等、全方位的な専門サービスを提供しています。律盟は2003年10月に設立された各種類の知的財産権業務を処理する専門的な代理機構です。律盟の責任者である王允方氏は中国で第一期生の特許代理人及び商標代理人であり、既に数十年もの豊富な実務経験を有しています。律盟のその他の特許代理人においても、科学技術に関する様々なバックグラウンドを有しており、長きにわたり各種の国際的特許業務に携わっています。また、律盟は高度な専門性を有する商標権及び著作権関連の専門家グループをも有し、その中の商標代理人及びスタッフは豊富な専門的経験を持っており、クライアントが求める各種の専門的なサービスを提供しています。律盟は、サービス品質及び専門的なサービスの提供体制を重視し、設立数年後には、中国でトップ20の渉外系特許代理機構となり、さらに2011年以後、「中国商標権優秀代理組織」を複数回受賞し、2015年以後は「M&A Today」、「Corporate USA Today」、「Global 100」などの機構より「Patent Law Firm of the Year – China」を複数回受賞しました。

 

知的財産権業務のほか、当事務所はまた外国企業及び台湾企業からの依頼を受けて、中国におけるその他の法律事務の処理についても助言し、クライアントから深く信頼されています。当事務所は現在、上海律同衡弁護士事務所(以下「律同衡」という。)と戦略的提携関係にあり、中国大陸における法律コンサルティング及び紛争解決サービスを提供しています。律同衡は、詹益森シニアカウンセラー、徐雪舫シニアカウンセラー、梁禺山シニアカウンセラー、李小明弁護士及び陳郁文弁護士等が率いる法律家チームのメンバーにより共同で設立された法律事務所です。この提携により、当事務所と律同衡は外国企業及び台湾企業の中国における買収・合併、投資案件、中国企業の台湾における買収・合併、投資案件、台湾・中国間の融資案件及び紛争解決サービス等、有効的な法律統合サービスを手掛けています。台湾において「在中国台湾資本企業の台湾での株式上場」を促進する政策が打ち出されたことに伴い、律同衡は、当事務所との提携関係を通して、上場会社又は証券引受業者の中国弁護士として、これまでに二十数社の在中国台湾資本企業による台湾での株式上場案件を手掛けました。なお、中国大陸において、台湾資本企業の中国大陸での株式上場を奨励する政策を受けて、律同衡は中国大陸での台湾資本企業による中国の証券会社、会計士及び弁護士グループの組織を手掛け、台湾資本企業が中国大陸A株市場での株式上場をサポートしています。台湾-中国間が投資保障協議を締結した後においては、当事務所と律同衡は、クライアントの権益が確実に保障されるよう、台湾-中国間投資保障協議に基づく体制を通して、律同衡の中国大陸における司法および実務を熟知する利点を以って、クライアントの中国での投資紛争に関わる案件を効率的に処理しています。近年では、律同衡訴訟グループが、多くの台湾企業及び中国大陸の台湾企業を代理して、中国大陸において国際仲裁及び訴訟案件の処理を手掛けています。台湾関連の国際仲裁や訴訟手続に熟知していることにより、クライアントの仲裁や訴訟コストも軽減され、台湾のクライアントの中国大陸での合法的権益を積極的に守り、クライアントから深い信頼を得ています。さらに、律同衡は長年に渡り、バンキング領域におけるリーガルサービスの提供にも精励しており、多くの多国籍銀行、多国籍企業及び大型企業に、このサービスを提供しています。その中には、銀行業務の金融規制の全般的な検証、ビジネスローン及びシンジケートローン、信用状、銀行及びその他の金融機関の設立、経常的リーガルコンサルタントなどが含まれます。近年では、中国政府のビジネス活動及び環境の保護に対する法律の制定や執行姿勢に応えるため、律同衡はクライアントのニーズに沿って、台湾企業及び中国国内のローカル製造業企業を全面的にサポートし、環境法規制遵守に関わる取り組み不足に関する特定の検査や、統合的で専門的なコンプライアンスリーガルサービスを提供しています。また、新型コロナウイルスに伴う台湾-中国間の移動リスクを鑑みて、律同衡は台湾企業であるクライアントに中国における各種の民事法律の代理サービスを提供し、クライアントから深く信頼されています。

 

当事務所、律盟及び律同衡が共同で構築した台湾-中国間のリーガルサービスを通じて、世界各地のクライアント及び台湾企業は迅速、かつ効果的に、必要としている専門サービスを受けることができます。知的財産権の分野において(権利保護の出願、権利行使、戦略立案、ライセンシング交渉による権利行使等)、ビジネス法律に関わる事務処理(例えば、台湾の上場会社・店頭登録会社による中国子会社の株式売却、中国のプライベートエクイティファンドによる台湾の著名な会社への投資、台湾の上場会社・店頭登録会社の中国子会社による台湾での株式上場、台湾の上場会社・店頭登録会社の中国での合弁会社の設立、台湾企業の中国投資/子会社の中国及び海外での訴訟又は仲裁案件の処理、ビジネス活動及び環境の保護に関する法律規制のプロジェクトサービス等)の、いずれの業務に関しても、当該台湾-中国の間リーガルサービスの総合的な機能に対し、クライアントからの絶大な支持、信頼を得ています(例えば、クライアントは自ら適当な中国弁護士、代理人を探し、交渉する時間と手間を大幅に省け、また、台湾、中国の法律制度及び実務の相違によりもたらす誤解を回避でき、正確な投資経営戦略を迅速かつ効率的に立案できます。)。

回上一頁