ホーム >> 専門分野 >> コーポレート部 >> 公正取引

公正取引

GCR elite2018LawReview

企業は、利益追求のため各種の競争戦略を採ることが必要不可欠ですが、競争の方法は法律の制約を避けて通れません。競争秩序を守るため、我が国は1992年2月4日に公平交易法(公正取引法)を施行し、競争法を主管する行政院公平交易委員会は、多くの関連行政規則及び行政指導を策定して、公正競争の制度を構築してきました。

当事務所は、公平交易法に関し専門分野グループを設けており、当事者が企業の最高利益を追求するのと同時に、公平交易関連法規の遵守を確保できるよう助言しています。当事務所は国内外のハイテク、電気通信、マスメディア、エネルギー、金融サービス、医薬等の各関連産業及びその経営方式について相当に深く理解しているため、公平交易法専門分野グループは当事務所の他の専門分野グループと連携して、当事者に産業上のニーズに最も適合する法律コンサルティングサービスを提供できます。当事務所は、国内外の競争法案件において長い間の豊富な経験の蓄積があり、『Global Competition Review』雑誌により長年にわたり世界の競争法分野における百大事務所の1つとして国内において唯一選ばれている事務所です。2009年には、当事務所は『Corporate UK』雑誌が発行した特刊により、我が国において最も主要な競争法事務所として推薦されました。

また2010年には、当事務所は『Corporate INTL』雑誌にて「台湾区2010年最優秀競争法事務所(Competition Law Advisory Firm of the Year in Taiwan)」として選ばれました。

当事務所がクライアントに提供するのは全面的かつ専門的なサービスです。一般的な法律コンサルティング、コンプライアンス、戦略計画、契約及び法律文書のチェックのほか、当事務所は当事者を代理して主務官庁に対し必要な企業結合の申告及び協調行為の許可申請をしています。さらに、当事務所は法律又は規則について、主務官庁に改正を多く提言しています。また、当事者に対し法令制定又は改正の最新動向を不定期に情報提供し、或いは当事者社内の教育トレーニング又は研修コースについても助言しています。

当事務所が当事者を代理して携わる競争法に関する案件の種類としては、競争制限案件(独占、結合、協調、ボイコット、差別待遇及びその他の競争制限行為を含む。)、不正競争案件(虚偽広告、比較広告、虚偽の表示又はシンボル、デッドコピー、ー、著名表示の無断使用、信用損害、営業秘密の侵害及びその他の詐欺又は不正な行為を含む。)、マルチ商法事業の設置及び企業結合の申告等が含まれており、かつ当事務所は、国際カルテル案件の処理に助言した経験を有しています。

 

論文・著書

 

LawReview

当事務所は競争法の分野にて高い評価を受けており、国際的な競争法の刊行物にて数多くの執筆を依頼されております。

專業人才

回上一頁