♦ English ♦ 日本語 ♦ 繁體中文 ♦ 簡体中文 ♦ ホーム
理律五十周年活動
  • 「グローバル化時代における法治の発展」
    理律法律事務所五十周年シリーズシンポジウム議事日程
    一、開会式 ~ 開放 vs. 保護—世界における台湾産業の活力
    開放 vs. 保護—世界における台湾産業の活力
    時間:2015年9月4日(金曜日)09:00 - 12:00
    地点:公务人力发展中心福华国际文教会馆
    (台北市大安区新生南路3段30号)
    概要:
    第二次世界大戦後の台湾は不況の中で冷戦時代の着実な建設によって徐々に奮い立って、五十年以来ずっと閉鎖から開放への迷い、取捨選択及びバランスに直面している。華僑投資と外国資本を吸引し、輸出を激励し、自由化(deregulation)及び産業が大陸へ進出して海外へ移動する等を経験し、経済のグローバル化において変動し続けているが、変化しないのは経済貿易が依然として台湾の生命線であることだ。ところが、残念ながら台湾はアジア太平洋運営センターとなる計画を実現しなかった。2008年の金融危機による世界経済の衰退において台湾は内外の新しいチャレンジに直面していた。外部では、地域経済が迅速に統合され、アジア太平洋における新興勢力が奮い立つことに伴い、台湾は徐々に経済貿易において周縁化されつつある。内部では、貧富の差が拡大し続け、「富を求めることと均等を求めることはどちらが優先すべきか」という政策方向に対する議論があり、また国際化及び自由化においても調整の余地がある。将来を展望して、厳しい国際競争及び台湾-中国間関係の発展及びチャレンジに対応するために、一刻も早く台湾の新たな位置付け及び復興戦略を思考して、共通認識を求める必要がある。いったいどのような産業政策を採用して、対応するマクロの法制変革で補完して、世界の新しい経済秩序の中から永続の道を見出すことができるのか?それは開会サミットフォーラムの主な課題である。

    議事日程:
    時間 2015年9月4日(金曜日)
    08:30~09:00
    受付
    09:00~09:10 理律の紹介
    09:10~09:30 貴賓挨拶:蕭萬長前副総統
    09:30~09:50 主催者挨拶:陳長文-理律法律事務所所長・執行パートナー
    09:50~10:10
    休憩及び茶話
    10:10~12:00 テーマ:開放vs. 保護—世界における台湾産業の活力
     
    司会者: 陳長文-理律法律事務所所長・執行パートナー
    討論者: 張忠謀-台湾集積回路製造株式会社創立者・代表取締役
    徐旭東-遠東グループ代表取締役
    張安平-嘉新セメント株式会社副代表取締役
    高希均-遠見天下文化事業グループ創立者・代表取締役
    12:00~13:30
    昼食
    二、シリーズシンポジウムの一 ~ 企業買収及び外国人投資のチャンスとチャレンジ
    企業買収及び外国人投資のチャンスとチャレンジ
    時間:2015年9月4日(金曜日)14:00 - 17:30
    地点:公务人力发展中心福华国际文教会馆
    (台北市大安区新生南路3段30号)
    概要:
    外国人による投資は台湾の経済発展にとって重要な役割を果たしている。理律法律事務所は過去五十年にわたり外国人による台湾への投資の変化を目の当たりにしてきた。現在、台湾の産業は構造調整に直面し、外国人による投資も困難に遭っている。どのように台湾の現在の投資環境の困難に焦点を合わせて効果的に規制緩和(例えば自由経済模範区の設立)により、外国人の投資を吸引するとともに外部に対する投資と買収の機会を切り開くか?それは台湾の競争力を維持するための課題である。また、企業買収も産業構造調整及び転換の一つの方法である。しかし、「愛し合うことは簡単だが、一緒に暮らすことは難しい」。本シンポジウムは買収終了後の整理統合に関わる問題を議論するとともに、実例分析により買収終了後の整理統合及び直面するチャレンジを分析する。

    議事日程:
    時間 2015年9月4日(金曜日)
    13:30~14:00
    受付
    14:00~14:05 主催者挨拶:陳長文-理律法律事務所所長・執行パートナー
    14:05~14:30 貴賓挨拶:鄧振中-経済部部長
    14:30~15:50 テーマ:グローバル化時代における外国人による台湾への投資の回顧と展望
     
    司会者: 范 鮫-理律法律事務所パートナー弁護士
    報告者: 毛立慧-理律法律事務所パートナー弁護士
    討論者: 張銘斌-投審会執行秘書
    黄坤煌-台湾デュポン株式会社総裁
    范 炘-フォード六和自動車株式会社総裁
    詹益森-律同衡弁護士事務所シニアカウンセラー・上海竞衡グループ代表取締役
    15:50~16:10
    休憩及び茶話
    16:10~17:30 テーマ:グローバル化時代における企業買収のチャンスとチャレンジ
     
    司会者: 陳民強-理律法律事務所パートナー弁護士
    報告者: 曾更瑩-理律法律事務所パートナー弁護士
    討論者: 方淑華-台湾集積回路製造株式会社副取締役・法務長
    海英俊-台達電子工業株式会社代表取締役
    王衛理-CVCプライベート・エクイティ・ファンドシニア董事総経理
    魏寶生-凱基商業銀行代表取締役
    三、シリーズシンポジウムの二 ~ 企業のグローバル化展開における知的財産権の保護
    企業のグローバル化展開における知的財産権の保護

    時間:2015年9月11日(金曜日)09:30-17:10
    地点:公务人力发展中心福华国际文教会馆
    (台北市大安区新生南路3段30号)
    概要:
    現在、産業構造転換の中で、知的財産権の重要性は日増しに高くなっている。企業は将来の発展とチャレンジに対応するために、どのように知的財産戦略を強化するか?理律法律事務所は、台湾の知的財産権の発展に立会い、参画してきており、五十周年記念の際に、産業界、政府機関、学術界を特別に招請し、当所知的財産部門のスタッフと共に、企業の知的財産権に対する管理及び展開を議論し、国内外における知的財産権保護及び紛争の解決メカニズムの変遷と実践を回顧することにより、過去の経験に鑑み将来の方向を知ることを期待している。

    議事日程:
    時間 2015年9月11日(金曜日)
    09:00~09:30
    受付
    09:30~09:35 主催者挨拶:陳長文-理律法律事務所所長兼執行パートナー
    09:35~10:00 貴賓挨拶:王美花-知的財産局局長
    10:00~11:40 テーマ:知的財産権保護制度の変遷と実践
     
    司会者: 王美花-知的財産局局長
    報告者: 林嘉興-理律法律事務所シニアカウンセラー
    蔡瑞森-理律法律事務所パートナー弁護士

    討論者: 顧曼芹-展旺生命科技株式会社代表取締役
    陳碧莉-台湾集積回路製造株式会社知的財産処処長
    田 園-北京律盟知的財産権代理有限責任会社商標代理人
    11:40~13:00
    昼食
    13:00~14:40 テーマ:企業の知的財産権の管理及び展開
     
    司会者: 王懿融-理律法律事務所シニアカウンセラー
    報告者: 呂 光-理律法律事務所パートナー弁護士
    討論者: 丁兆平-台達電子工業株式会社法務長
    阮啟殷-台湾科技産業法務経理人協会理事長
    神達コンピュータ機構副取締役・法務長

    陸大栄-中興大学化学学科及び科技管理研究所教授
    14:40~15:00
    休憩及び茶話
    15:00~16:40 テーマ:知的財産権紛争の解決メカニズムの変遷と実践
     
    司会者: 蔡明誠-台湾大学法律学部教授
    報告者: 黄章典-理律法律事務所パートナー弁護士
    討論者: 陳忠行-知的財産裁判所廷長
    周世筑-元太科技工業株式会社法務長
    宋献濤-北京律盟知的財産権代理有限責任会社特許代理人
    馮博生-理律法律事務所パートナー弁護士
    16:40~17:10 総合討論
    四、シリーズシンポジウムの三 ~ グローバル化時代における台湾税制の「変化」と...
    グローバル化時代における台湾税制の「変化」と「不変」
    時間:2015年9月18日(金曜日)09:00-17:00
    場所:公務人力発展センター福華国際文教会館
    (台北市大安区新生南路3段30号)
    概要:
    グローバル化の潮流を背景に、国に跨る取引とインターネットによる取引が日増しに増えてきている。各国は新興取引方式での課税主権と税収を確保し、また納税義務人の権益を考慮して、重複課税を避けるために、税制の「変革」を考えている。今回のシンポジウムは台湾税制の過去から現在にかけての「変化」と「不変」を検討し、グローバル化に対応する「変革」の方案を考える。

    議事日程:
    時間 2015年9月18日(金曜日)午前
    08:30~09:00
    受付
    09:00~09:10 主催者挨拶:李念祖-理律法律事務所執行長・パートナー弁護士
    09:10~10:30 テーマ:税法の司法審査の発展-納税義務者の基本権の保護を核心として
     
    司会者: 葛克昌-台湾大学法律学部教授・財税法学研究センター主任
    報告者: 柯格鐘-台湾大学法律学部副教授
    討論者: 黄俊杰-中正大学財経法律学科教授兼財経法律研究センター主任
    李念祖-理律法律事務所執行長・パートナー弁護士
    10:30~10:50
    中场休息及茶叙
    10:50~12:00 テーマ:租税人権に対する憲法の保障-実務において長期にわたり存在している「万年源泉徴収票」の問題を中心として
     
    司会者: 葛克昌-台湾大学法律学部教授・財税法学研究センター主任
    報告者: 劉昌坪-理律法律事務所アソシエートパートナー弁護士
    討論者: 黄俊杰-中正大学財経法律学科教授兼財経法律研究センター主任
    李念祖-理律法律事務所執行長・パートナー弁護士
    12:00~13:30
    昼食
    時間 2015年9月18日(金曜日)午後
    13:30~14:20 テーマ:税源浸食と利益移転(Base Erosion & Profit Shifting)問題に対する台湾と世界各国の対応
     
    司会者: 李家慶-理律法律事務所パートナー弁護士
    報告者: 林恆鋒-理律法律事務所パートナー弁護士
    討論者: 宋秀玲-財政部国際財政司司長
    14:20~14:40
    休憩及び茶話
    14:40~15:30 テーマ:国に跨る取引とインターネットによる取引に関する紛争-所得源の認定及び課税権の帰属を中心として
     
    司会者: 李家慶-理律法律事務所パートナー弁護士
    報告者: 余景仁-理律法律事務所顧問
    討論者: 李怡慧-財政部賦税署所得税組組長
    15:30~15:50
    休憩及び茶話
    15:50~16:40 テーマ:台湾-中国間の租税回避の防止の理論及び実務-台湾-中国間の租税協議も含めて
     
    司会者: 李家慶-理律法律事務所パートナー弁護士
    報告者: 陳東良-理律法律事務所シニア弁護士
    討論者: 李雅晶-財政部国際財政司副司長
    16:40~17:00 综合讨论
     
    司会者: 李家慶-理律法律事務所パートナー弁護士
    討論者: 林恆鋒-理律法律事務所パートナー弁護士
    余景仁-理律法律事務所顧問
    陳東良-理律法律事務所シニア弁護士
    五、シリーズシンポジウムの四 ~ グローバル化時代における台湾の銀行業務の...
    グローバル化時代における台湾の銀行業務のチャンスとチャレンジ
    時間:2015年9月25日(金曜日)09:00-12:00
    場所:公務人力発展センター福華国際文教会館
    (台北市大安区新生南路3段30号)
    概要:
    グローバル化時代において、銀行業務は急激に変化している。どのように台湾の銀行業務を発展させ、また財務健全化の需要を配慮しながら、国内外における企業買収のチャンスにより、台湾に地域的な指標性銀行を構築するか?それは台湾の金融分野の重要な課題である。ところが、ネット銀行、モバイルバンキングなどの新種業務の発展趨勢において、台湾の銀行業者はどのように勢いに乗って続けて発展するチャンスを求めるか?第三者決済専門法と電子商取引はどのように銀行業務に影響を及ぼすか?それらはいずれも現在銀行業務発展の重要な課題である。今回のシンポジウムを通して、政府官僚及び専門家、学者を招請して対話及び検討を行い、銀行業界の未来への展望、法令改正の参考になるように期待している。

    議事日程:
    時間 2015年9月25日(金曜日)
    08:30~09:00
    受付
    09:00~09:05 主催者挨拶:陳長文-理律法律事務所所長・執行パートナー
    09:05~09:20 貴賓挨拶:曾銘宗-金融監督管理委員会主任委員
    09:20~09:50 テーマ:グローバル化時代における台湾の銀行業務のチャンスとチャレンジ
     
    司会者: 張朝棟-理律法律事務所パートナー弁護士
    報告者: 詹庭禎-金融監督管理委員会銀行局局長
    09:50~10:00
    休憩及び茶話
    10:00~12:00 テーマ:グローバル化時代における台湾の銀行業務のチャンスとチャレンジ
     
    司会者: 張朝棟-理律法律事務所パートナー弁護士
    討論者: 詹庭禎-金融監督管理委員会銀行局局長
    管国霖-シティバンク(台湾)銀行代表取締役
    王栄周-元大金融持株会社代表取締役
    劉連煜-政治大学法律学科教授・台湾先物取引所代表取締役
    林秀玲-理律法律事務所オフカウンセル
    張宏賓-理律法律事務所パートナー弁護士
    12:00~13:30
    昼食
    六、シリーズシンポジウムの五 ~ グローバル化時代における公法に対する新たな...
    グローバル化時代における公法に対する新たな考え方
    時間:2015年9月25日(金曜日)13:30-15:50
    場所:公務人力発展センター福華国際文教会館
    (台北市大安区新生南路3段30号)
    概要:
    現在、多くの立憲民主主義国家が採用している「司法審査制」は、グローバル化時代において法治発展の重要な一環である。法秩序の国際融合により、憲法の基本人権問題は常に国家の領域及びローカル価値観の枠を越えて、世界の人権議題として広く注目されている。特に、国連の二つの人権条約の発展は、基本人権の世界普遍化、国際浸透作用を促進し、各国の司法権の実践と運行に対して相当な影響を与える。今回のシンポジウムはグローバル化時代における法治発展を主軸として、まず司法審査制の効力及び働きを分析すると同時に、行政訴訟実務の二つの人権条約及び憲法基本権における実践成果を整理し、ともに議題として討論する。

    議事日程:
    時間 2015年9月25日(金曜日)
    13:00 ~ 13:30
    受付
    13:30~13:35 主催者挨拶:李念祖-理律法律事務所執行長・パートナー弁護士
    13:35~14:35 テーマ:司法審査制の働き及び効力
     
    司会者: 蘇永欽-司法院大法官
    報告者: 錢建栄-台湾桃園地方裁判所裁判官
    討論者: 陳淳文-台湾大学政治学科教授
    李念祖-理律法律事務所執行長・パートナー弁護士
    14:35~14:50
    休憩及び茶話
    14:50~15:50 テーマ:二つの人権条約及び憲法基本人権の台湾行政訴訟実務における実践と展望
     
    司会者: 羅昌発-司法院大法官
    報告者: 劉定基-政治大学法律学科副教授
    討論者: 張国勲-台北高等行政裁判所裁判官
    劉昌坪-理律法律事務所アソシエートパートナー弁護士
    七、シリーズシンポジウムの六 ~ 豊かで礼儀あり—企業の社会的責任
    豊かで礼儀あり—企業の社会的責任
    時間:2015年9月25日(金曜日)16:10-18:00
    地点:公务人力发展中心福华国际文教会馆
    (台北市大安区新生南路3段30号)
    概要:
    企業は法治社会運行の重要な役柄であり、法治は市場経済において不可欠な礎石である。「法令順守」(legal compliance)を貫き、コーポレート・ガバナンスを深める企業はリーガルリスクを低減し、有利な競争地位を獲得できるだけでなく、これは同時に企業の社会的責任(CSR)を果たす根本的なルートでもある。例えば、生態系保全、環境保護、消費者保護、労働者権益、納税義務遵守などである。特にグローバル経済の時代において、「今日は倫理であるが、明日は法律になる」のような国際法規の融合の歩みが加速していることに鑑み、備えのために、法令順守を企業統治に取り入れることが必要である。また、社会奉仕、慈善活動に取り組むなどの企業の倫理善行も、コーポレート・ガバナンスの規範に従うことと、株主の権益を守ることとを兼ねて配慮できるように、適当な行動限度を適切に求めるべきである。

    議事日程:
    時間 2015年9月25日(金曜日)
    16:10~18:00 テーマ:豊かで礼儀あり─企業の社会的責任
     
    司会者: 陳長文-理律法律事務所所長・執行パートナー
    討論者: 鄭崇華-台達グループ創立者・名誉代表取締役
    杜英宗-南山生命保険株式会社代表取締役
    王晨光-北京清華大学法学部教授・元法学部部長
    閻 雲-台北医学大学学長
    呉田玉-日月光グループ運営長
    八、シリーズシンポジウムの七 ~ グローバル化時代における企業買収のチャンスと...
    グローバル化時代における企業買収のチャンスとチャレンジ
    時間:2015年10月16日(金曜日)09:30-12:10
    場所:公務人力発展センター福華国際文教会館
    (台北市大安区新生南路3段30号)
    概要:
    このシンポジウムは、9月4日に開催されたシンポジウム「企業買収及び台湾における外国人投資のチャンスとチャレンジ」の続きである。現在、台湾の産業は構造調整に直面し、効果的な規制緩和により外国人の投資を吸引するとともに外部に対する投資と買収の機会を切り開くことは台湾の競争力を維持するための重要な課題である。また、企業買収も産業構造調整及び転換の一つの方法である。しかし、「愛し合うことは簡単だが、一緒に暮らすことは難しい」。本シンポジウムは買収終了後の整理統合に関わる問題を議論するとともに、実例分析により買収終了後の整理統合及び直面するチャレンジを分析する。

    議事日程:
    時間 2015年10月16日(金曜日)
    09:00~09:30
    受付
    09:30~11:20 テーマ:グローバル化時代における企業買収のチャンスとチャレンジ
     
    司会者: 陳民強-理律法律事務所パートナー弁護士
    報告者: 曾更瑩-理律法律事務所パートナー弁護士
    討論者: 方淑華-台湾集積回路製造株式会社副取締役・法務長
    海英俊-台達電子工業株式会社代表取締役
    殷尚龍-凱雷投資グループ董事総経理
    魏寶生-凱基商業銀行代表取締役
    11:20~11:40
    休憩及び茶話
    11:40~12:10 理律法律事務所50周年シリーズにおける7つのシンポジウムのまとめ:
     
    陳長文-理律法律事務所所長・執行パートナー
  • 家庭日
  • 理律之愛
© Lee and Li, Attorneys-at-Law, All rights reserved.