外国訴訟

グローバル化が日増しに進展しているのに伴い、国際的なビジネス取引も次第に今日の企業活動の重点になってきています。それによって引き起こされる紛争は、各国の異なった実体法規に関わるほか、さらに、各国における管轄権、準拠法、紛争解決手続、外国判決の効力、判決の相互承認、ひいては各国の行政及び司法機関の運営実務等に関する種々の問題にまで波及し、単純な国内紛争よりもより多くの複雑な要素から影響を受けます。

当事務所の外国訴訟紛争処理専門分野グループは、国際的な法律紛争の解決に精通し、豊富な処理経験を有しており、さらに、多くの弁護士は米国ニューヨーク州及びカリフォルニア州等の弁護士資格を有しています。そのため、当事務所は、国際的な紛争案件において、国内外のクライアントに全面的かつ即時的なサービスを提供することができます。それには、国際案件の紛争処理戦略を立案すること、外国訴訟での必要に応じてリーガルオピニオンを提供すること、専門家の意見を聴取すること、国内外の訴訟書面及び証拠調査手続を取り扱うこと、クライアントのため各国の弁護士と意思疎通し、且つ国内外で各種類の紛争解決手続を行うことなどが含まれます。また、外国訴訟紛争処理専門分野グループの全員は中華民国の司法実務に関して豊富な経験を有しており、外国のクライアントに対し、中華民国に関連する法律問題につき、正確な分析や評価を提供し、クライアントの意思決定に関し助言することができます。