刑事訴訟

当事務所は設立以来、クライアントに全方位的なサービスを提供することに注力し、投資や事業経営より派生する訴訟・紛争の解決は一貫して当事務所が提供する法律サービスの不可欠の一部を構成してきました。一方、刑事案件の調査手段や判決後の刑罰の執行は人々の生命、自由、財産及び企業秘密に重大な侵害をもたらすため、企業は事業運営の実務において、刑事案件の発生の予防を重要な管理事項の一つとせざるを得ません。我々は、不幸にも刑事案件が発生したときにそのリスクを軽減させるためのサービスをクライアントに提供することができ、これは、我々のサービスの最も重要な強みです。

当事務所の刑事訴訟案件専門分野グループは、刑事案件が発生したときに、後続の関連する法律手続の進行についてクライアントに説明し、法律リスクに関して正確な判断を提供するほか、それ以外に、最も重要なサービスは、当事者の合法的権益が確実に保障を得られるよう、クライアントが提供した事実に基づき、最もクライアントの利益に適う訴訟戦略を積極的に立案し、かつ訴訟手続においてそれを確実に実行することです。それに加え、当専門分野グループは、会社或いは個人が投資又は事業上の重大な決定をする前の初期の段階でプロジェクトに参加して助言を提供し、豊富な案件処理経験や専門的なアドバイスを活かすことにより、関連する法律リスクが発生する前の段階で、取引過程において刑事リスクが発生するのを回避して関連取引が確実に順調に進むように協力することもできます。

事業経営に従事していない一般の大衆については、自らの行為で刑事犯罪の容疑をかけられる場合でも、又は他人から不法な侵害を受け、積極的に司法手段に訴えて自分の権益を確保する必要がある場合でも、何れの場合においても、刑事案件が引き起こすリスクは他の訴訟類型よりも遥かに重大です。また、法廷での攻防の結果は、刑事訴訟に関する貴重な専門的見識及び知識に大いにかかっています。そのため、刑事案件においては、専門者に正確且つ謹厳な全面的法律サービスを求める必要が高いといえます。

当事務所の刑事訴訟案件専門分野グループメンバーの全員は、長年にわたり上述した専門分野において実務を行ってきた経験豊かな弁護士です。当事務所は、一般の刑法上の詐欺、名誉毀損等のタイプの案件、商業上の取引による証券取引法関連の案件(例えば、インサイダー取引、株価操縦、背任、横領等の案件)、同業者間の競争による公平取引法関連の事業名誉毀損案件、企業経営において直面する従業員のプライバシー保護等の刑事案件の何れについても、豊富な処理経験を有し、かつ優れた評価を既に獲得し、この分野に関し高度な専門性を有する事務所として広く認識されており、クライアントに対し信頼できる堅実な助言を提供できます。