田代俊明 Toshiaki Tashiro

シニアアソシエイト

2000年弁護士登録。PPP(Public Private Partnnership)関連のインフラ案件中心に各種案件を担当。三井安田法律事務所時代は下水処理場の包括委託に関する標準契約の作成、有料道路の買収、海外の電力公社のリストラクチャリング(クライアントはレンダー)など、国内外のインフラ案件を多数担当。一方、大手の運送会社のM&A案件等、M&A案件にも多数関与し、主に許認可を担当した。

日本の内閣府PFI推進室に出向中は、PFI契約に関する指針の作成、諸外国のPPP/PFI制度の調査、PFI法の改正等を担当した。また比較的最近では、高速道路のコンセッション案件など、リーディングケースとなる大型インフラ案件を担当した。PPPの専門家として、台湾や韓国での講演、台北市からのPPP(BOT)に関する委託調査への参加など、海外との繋がりも強かった。

理律法律事務所では、日系企業からの案件を広く扱っている。

    学歴

    東京大学文学部卒業(1996年)
    東京都立大学社会科学研究科修了(1998年)
    南カリフォルニア大学LLM(2006年)

    専門分野

    外資企業の台湾進出,公共工事及び政府調達,企業M&A,民事訴訟,

    経歴

    三井安田法律事務所(2000年-2004年)
    西村あさひ法律事務所(2004年-2015年)

    資格

    弁護士・資格国日本



    外国語

    中国語、日本語、英語


    連絡方法  

    台北事務所
    電話:+886-2-2715-3300 Ext.2218
    ファックス:+886-2-2713-3966
    メールアドレス:t_tashiro@leeandli.com