理律法律事務所のナレッジマネジメント


当事務所が過去50年間蓄積してきた豊富なリソース及び経験は、全所員が永続的に伝承していく知的財産であるのみならず、クライアントに提供する専門サービス、価値の確立及び革新の基礎となるべき貴重なものです。当事務所では、これら知的財産やリソースを最も効率的に活用するため、知識情報管理部を設けています。これは、コンピュータ室、情報グループ、図書室及びファイルグループから成っており、専門スタッフがナレッジマネジメント業務、情報共有プラットフォームの構築を行っており、また、当所の専門的サービスや管理に関する様々なニーズに対して、より安全なネットワークとシステム環境を整備構築し、その維持に努めております。当所のナレッジマネジメントは、国内外の法律書籍及び資料をシステマティックに収集、整理するにとどまらず、極めて質の高いコンピュータネットワーク環境等を構築・運用することにより、組織の相互作用および情報の交流を促進し、経験の共有及び伝承のために最適な環境を整えています。事務所の永続的な経営のニーズに対応して、クライアントに、より優れた、より効率の高いサービスの提供を図っています。