最新の重要なニュース

検索
検索 専門分野:
期間: ~
キーワード:

  • 立法院は3日、《貿易法》の一部条文改正案を可決しました。経済部は、改正後はメーカーが戦略的ハイテク物資の不正輸出を効果的に管理し、阻止するほか、原産地の不実記載を防止するために、最高300万元の過料に処すことができるようになると述べました。これにより、「台湾製造」(MIT)製品の国際評価及び台湾全体の貿易利益を保護することが期待されます。 立法院は3日、《貿易法》の一部条文改正案を可決しました。経済部は、改正後はメーカーが戦略的ハイテク物資の不正輸出を効果的に管理し、阻止するほか、原産地の不実記載を防止するために、最高300万元の過料に処すことができるようになると述べました。これにより、「台湾製造」(MIT)製品の国際評価及び台湾全体の貿易利益を保護することが期待されます。(工商PA6、經濟PA4 )
  • 経済部エネルギー局は、今週にも来年度の再生エネルギーの固定買取価格(FIT)を予告する予定です。エネルギー局の局員は3日、現時点ですでに予備的な査定は終えているとし、予告後はヒアリングを2回開催して各界からさまざまな意見を集め、固定買取価格査定会で集めた意見を検討・審議した上で最終決定し、年末までに公告すると述べました。(聯合PA11、經濟PA4 )
  • 大聯大(WPGホールディングズ)が文曄(WTマイクロエレクトロニクス)に対するTOBを実施すると発表したことを受け、文曄の従業員連合は25日に記者会見を開き、大聯大の敵対的TOBに反対する立場を表明しました。また、同時に私的独占、市場競争の阻害、インサイダー取引及び詐欺の疑いがあるとして、公平交易委員会、金融監督管理委員会、財務部(日本の財務省相当)、調査機関から介入と調査を求めるよう呼びかけました。鄭文宗董事長も同様に記者会見を開き、公平交易委員会に対して書簡による申立て及び摘発をしたと述べています。これに対し、大聯大は回答のなかで今回のTOBは決して敵対的なものではなく財務的な投資であることを強調し、同時に文曄の従業員及び経営陣に対する敬意も表明しています。(工商PA4 )
  • 経済部投資審議委員会は25日の会議で、JR東日本グループによる台湾への投資、國泰人壽保険(キャセイライフ)の中国における増資など10件の大型投資案件を可決しました。外国からの投資については、JR東日本グループが4.75億新台湾ドルを出資し台湾大手ホテルチェーンのハワードグループと合弁会社「福康投資股份有限公司」を設立し、今後短期宿泊型ホテルサービス業に参入する予定です。また、タイ企業MP ENERGY CO., LTD.は厚聚能源科技公司に4.12億新台湾ドルの増資を行い、後者を経由して元昱太陽光電に投資し、台糖の遊水地における太陽光発電システム計画に参入する予定です。一方海外への投資については、盛億能源(ACE VICTORY ENERGY)は、ベトナムの太陽エネルギープロジェクトSPV社に間接投資するために1.43米ドルの送金申請を行いました。これにより後者の払込資本金総額の70%を占めることとなり、ベトナムフーイエン省の太陽光発電所の運営業務に参入する予定です。中国への投資については、南亜プラスチック(南亞塑膠)が南亞塑膠工業(寧波)有限公司に間接的に増資するために8,000万米ドルの送金申請を行いました。実施後の後者への持株比率は100%となり、ビスフェノールA(丙二酚)及びDOTP製品の生産販売業務に参入する予定です。國泰人壽保険、國泰世紀產物保険がそれぞれ中国で財産保険業務に従事する國泰財産保険有限責任公司の増資のために、2.45億人民元(3,567万米ドル相当)の送金申請を行いました。(工商PA5 )
  • 日中関係が改善を続けています。25日に日本の茂木敏充外相と中国の王毅外相が会談し、日中両国の政府が「動物衛生検疫協定」に署名したことを発表しました。日本にとっては約20年ぶりに中国への日本の牛肉の輸出を再開することになります。日本側は、早ければ2020年にも再開したい意向です。このほか、王毅外相は同日安倍晋三首相とも会談し、双方が両国のさらなる関係改善に向けて協力することに同意しました。(工商PA10 )
  • 香港で上場している中国乳製品大手の中国蒙牛グループは25日に、豪州の乳製品及び飲料会社であるLion-Dairy & Drinksの全株式を取得する買収計画を発表しました。現段階での交渉における買収額は6億豪ドル、蒙牛グループはこの買収を足がかりに地域市場統合の重要なマイルストーンを構築し、乳製品の国際市場シェアのさらなる獲得を目指します。(工商PA11 )
  • ケイマン諸島は近日中に改正版「経済的実質法」を公告するにあたり、報告書の未提出及び反租税回避に関する2大条文を新たに追加することについてパブリックコメントを募集しました。これまでは悪意ある隠匿又は虚偽の情報提供に対してのみ罰則を設けていましたが、改正後は企業が年度末の期限内に年次報告書を提出しなかった場合、5,000ケイマン諸島ドル(約18.6万新台湾ドル相当)の過料に処し、かつ提出する日までの日数に応じて1日当たり500ケイマン諸島ドルを上限なく課すことができるようになります。また、今回の大改正で「反租税回避」条文が追加され、ケイマン諸島当局は企業がケイマン諸島で行った調整又は配分に脱税の疑いがあると認定した場合、その活動を見直し、調整又は配分前の状態に戻した上で経済的実質の要件に一致するかを確認します。曾博昇会計士は、台湾企業又は個人はタックスヘイブンの経済的実質の要件に対応するために、自身の投資ストラクチャー又は取引モデルを調整する際、ケイマン諸島税務当局の調査及び監査に対応するよう実質的な運営の必要性又は商業的な理由等の要素の有無に留意した上で、関連情報、証拠を保管する必要があると述べています。なお、新政策は今年末に公布・実施される可能性が高いとみられます。(工商PA14、經濟PA12 )
  • 労働部(日本の厚生労働省に類似)は「事業単位の労使会議において注意すべき事項」を発布し、労使会議の運営等に関する15の事項の規範を明確にしました。最も重要な点は「労使会議の決議が《労働基準法》の同意権の規定に関係する場合、期限を付すことができる」と明記されたことです。これは、労働者代表が「永久的な同意」を拒否し、期限付きの同意及び労使会議の定期的な開催を通して定期的に同意権を更新することを可能にします。(工商PA14 )
  • 近年、世界的な反租税回避、反マネーロンダリング、反テロ資金の声の高まりを受けて、各国政府は違法な資金を防止するために継続的に法令を制定しています。遠東商業銀行は、先日台湾財政部(日本の財務省相当)が日本、豪州などの政府とCRS租税情報交換協定を締結し、将来的には財政部が公布した租税協定締結済みの32カ国を優先として台湾とCRS租税協定を締結すると予想しています。海外個人及び企業の金融口座の透明性を高めることはすでに国際的な傾向となっており、台湾企業も個人及び企業の海外の資産配分及び資金計画の状況を慎重に評価する必要があり、関連法令を十分に理解した上で遵守しつつ、自己にとって最適な投資ストラクチャー及び税務配分を手配すると同時に、安全かつ適法な台湾へのレパトリエーションについて評価することもできます。(工商PA10)
  • 台北国税局によると、ビジネス活動において当事者双方は、商品代金を直接支払うほか、物々交換、受託製造サービス等の現金以外での手段によって有償取引を行うこともあります。このような方法は税法上では「交換行為」と認定され、取引の両当事者とも統一発票を発行しなければならず、価格は双方が交換する商品の価値の高い方をもって認定されます。(經濟PB3 )
  • 米アップル(Apple)と米インテル(Intel)は米現地時間11月20日、ソフトバンクグループ傘下の投資会社フォートレス・インベストメント・グループ(Fortress Investment Group)に対して、反トラスト法に違反しているとして提訴しました。アップルとインテルの両社は、Fortressグループ及びその傘下の会社は製品を生産していないのに、あちこちで特許を買収し、テクノロジー事業者に対して訴訟を提起して利益を得ており、このような「パテント・トロール」行為は米反トラスト法に違反すると主張しています。(工商PA2)
  • 台中市政府地方税務局によると、「長期介護サービス法(中国語:長期照顧服務法)」が施行され、私立の長期介護機関が組織変更を選択して、新法に対応するよう法人を設立し、同時に元の長期介護機関の建物を無償で新設の法人へ移転する場合、移転登記原因を「法人設立」とすれば、印紙税が免除されるとのことです。(經濟PA13)
  • 高雄国税局の担当者によると、自然人の大家から店舗又はオフィスを賃借している事業者は、法により大家のために所得税の源泉徴収をしなければなりません。家賃を支払う前に、まず税率10%の家賃所得税を天引きし、翌月に国税局へ源泉徴収した税金を納付し、翌年には国税局へ当年度の全ての源泉徴収票及び源泉徴収免除の証憑を申告しなければなりません。ただ、事業者が倒産した場合、翌年源泉徴収票の申告ができず、大家の権利に影響が及ぶ恐れがあります。これについて、大家は倒産した事業者に代わって、自己の各種所得資料申告書及び源泉徴収票を記入し、賃借人であった事業者が行方不明等の原因を明記して、所得税控除の関連法的責任を自ら負う旨を表明すれば、源泉徴収票を再発行してもらえ、翌年の税金申告の際の節税の権利を維持することができます。(經濟PA13)
  • 内政部が発布した最新の通達によると、「都市更新に関する法律」の改正前に事業計画を申請した都市更新案について、規定された期限内に建築許可を申請して、建築期限内に竣工すれば、更新後の家屋税の半額減税が10年間延長され、更に等価交換契約の土地増値税及び契約税が減免されます。既に申請済みであった又は手続き中であった都市更新案についても優遇措置が受けられるようになり、地主の負担が軽減されることになります。(經濟PA13)
  • 立法院(日本の国会に相当)にて今年4月に可決された「再生エネルギー発展に関する法律」改正案では、将来「電力利用大口ユーザー」は①一定容量の再生エネルギー施設、②電力貯蔵設備を設置するか、又は③再生エネルギー証憑を購入しなければならず、違反する場合は④代金支払うべきという、4種のグリーンエネルギーの発展促進措置が規定されています。経済部の計画によると、「電力利用大口ユーザー」とは、台湾電力股份有限公司との契約容量が5000キロワット以上のユーザーと定義されます。かかるユーザーは、契約容量の10%、即ち500キロワット以上のグリーン電力発電装置を設置しなければなりません。これに該当するユーザーは500以上とみられ、300社以上の企業が影響を受けることになります。経済部エネルギー局は、もともと11月に大口ユーザーのグリーン電力購入規則(中国語:用電大戶購買綠電辦法)を公布する予定でしたが、事業者への衝撃を和らげるために、十分なやりとりの時間が必要であるとして、来年2月までにかかる規則を公布することにしました。(聯合PA15)
  • トランプ米大統領は今月19日、米中貿易協議が合意に達しない場合、中国からの輸入品への関税を引き上げる考えがあることを再度表明しました。外国メディアは米中が関税に関して共通認識を得られない場合、双方が年内に貿易協議に署名する可能性は極めて低いという専門家の指摘を引用しています。(工商PA1、中時PA10、聯合PA11、經濟PA1)
  • 国家通信委員会(NCC)は今月20日、12月10日に5Gの一回目の競争入札を開始することを宣布し、正式に公告しました。申請書を提出した5社はいずれも競争参加資格があります。入札の締切りは市場が決定するため、事業者が合理的に入札を行い、過剰な入札価格により今後消費者の利用価格に影響が及ばないことが期待されます。(工商PA3、中時PA6、經濟PA5)
  • 台北市「信義行政中心」の地上権案件が今月20日に開札され、南山人壽、元利建設企業及び豪昱營造聯盟などが入札に参加していたことが明らかになりました。最終的には南山人壽(生命保険会社)が総額159.81億新台湾ドルで落札し、プレミアムレートは60%、1坪当たりに換算すると744万新台湾ドルに上り、台湾の史上最高落札額を塗り替えた。(工商PA2、聯合PA11、經濟PA1+3)
  • 立法院財政委員会は今月20日、国産自動車を支援するための9項目の自動車関連部品の関税の引き下げについて、《輸入関税税則》の一部税則の修正案の審議を行う予定でした。しかし、民進党、時代力量党が「不復議同意書」を提出しなかったため、財務委員会は同日中に審議することができず、現時点における進度及び各党の態度に鑑みると、今会期中に三読(最終可決)することは難しいと言えます。 (工商PA16、中時PA6、聯合PA11、經濟PA4 )
  • 多国籍企業は貿易環境の差を縮めるため、通常商品の取引価格を調整することで、獲得利益が少ない他国の子会社に利益を分配しています。財政部の最新書簡において、今後取引記録、税務処理の2大要件が財務部が求める基準に達し、かつ、年度決算前に移転価格調整を完了した場合、1回に限り移転価格調整を実施することができるとの規範解釈がなされています。また、この制度は来年度から開始される予定です。 (經濟PA14 )
  • 大同グループ傘下の中華映管(CPT)は先日破産宣告しました。1842名に及ぶ労働者の賃金、解雇手当及び退職金が未払いとなっています。労働部は、12月初めにも廃業認定を出し、「未払賃金立替補償基金」から従業員の未払賃金、解雇手当及び退職金の支払いを開始し、その立替総額は約8億新台湾ドルに上る見込みです。これは、台湾史上最高の立替補償額および労働者数となっています。労働部は、労働基準法第28条の未払賃金立替補償基金制度を開始するが、これは労働基準法を適用する企業・機関の雇用主が毎月被雇用者の賃金総額の2.5%を雇用保険料として未払賃金立替補償基金に納付した納付分から支払われるもので、国民が負担するものではないことを強調しました。 (工商PA15、聯合PA11 )
合計件数: 21件/ 第1ページ, 合計1ページ
  • 1
  • 前のページへ
  • 前10ページへ
  • 01
  • 次10ページへ
  • 次のページへ
  • 1